なかなか捨てられない粗大ごみを捨てるなら回収サービスを利用しよう


粗大ごみを捨てるのに困っているなら回収サービスに

粗大ごみは、県指定のごみ袋に入らない30センチから50センチ以上の大きさの廃棄物になります。この粗大ごみを捨てるためには、自治体に申請をして処理費用を払い決められた期日に持っていく方法と直接処理施設場に運搬する方法に分かれます。どちらの方法においても、自治体もしくは処理場に持っていかなければならないため時間的な余裕が必要です。なによりごみの大きさによっては、持ち運ぶこと自体が困難な場合があります。

もし粗大ごみを捨てるのに困っているのであれば、電話及びホームページから申請できる国認定の回収サービスを利用する手があります。回収サービスでは決められた容量の料金をあらかじめ支払うことで、後日運搬車を手配して回収してもらえるサービスです。ごみの大きさや種類に関係せず追加料金なしで処理してくれるので、簡単には捨てられない粗大ごみも簡単に処理することができます。

処理サービスはごみ屋敷解決にも役立つ

処理サービスの利用率が伸びているのですが、その背景にはごみ屋敷解決そして遺品整理に活用するためです。ゴミ屋敷は街の景観が悪くなるだけでなく、ため込んでいるごみの種類によっては近隣に危険が及びます。もちろん処理をする場合には土地の権利者の許可が必要になりますが、許可が下りて申請を出すことで多くの人員と運搬車を手配することによって短期間で処理をすることが可能です。

遺品整理の場合は、大切な家族がなくなった後に自宅には必要なものと不必要なものが数多く存在します。個人で分類すると手間がかかることから、回収サービスを利用することで分別を手助けしてくれるので負担が減ります。

不用品回収を千葉で利用する場合、市町村やエリアによって処分の費用が変わる場合があるので注意が必要です。